ブログトップ

ワカルヤツ限定

yijin.exblog.jp

ここは感情のゴミ捨て場です。

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

うはははは。
心のバッテリーが切れてるなぁ。
[PR]
by yijin | 2009-12-29 15:02
膝が痛いんですよ。

膝の影響で股関節が痛いんですよ。

股関節がおかしいから腰が痛いんですよ。

気がついたら左下半身がもうボロボロ、でも治療する余裕はない。
結局いつ爆発するかに怯えながら15年は生きてきてる。
だからある意味それが普通、不思議な普通。

もう少しすると膝が痛い日々っていうのが、その前のを越すことになる。
そのいつかが怖いけど、もう普通の日々になってしまったな。
[PR]
by yijin | 2009-12-29 11:54
いつ振りだろうか。

用事もないのに彼と話をした。
思えば昔は毎日のようにくだらんことばっかり話てたなぁ。

夢のこと、未来のこと。

よくもまぁ飽きずに聞いてくれてたよ。
捻くれものの自分が、心を開いた数少ない友人かもしれない。
でも今日はそんな明るい話じゃなかった。

今のこと、辛いこと。

でも同じようにうんうん聞いてくれてたよ。
自分も大変なことあるのに、笑って聞いてくれてたよ。

ありがとうなぁ、ホントにありがとうなぁ。
言葉に詰まって声が出なくても、じっくり待ってくれてありがとうなぁ。

最近上手く喋れないから。
ちゃんと舌が回らないから怖かったけど、少し気が楽になったよ。

今はみんなの声が聞きたい。
何でかわからないけど、声が聞きたい。

一言だけで良い…生きた声が聞きたい。
[PR]
by yijin | 2009-12-28 18:52
よし、元気出た。


良いお年を。
[PR]
by yijin | 2009-12-28 16:41
マビノギというゲームがある。
それはさっき書いた。

来年は楽しい年にしたい。
喜んだり、笑ったり、いっぱいできる年にしたい。
だから今は心を強くしなきゃいけない。

逃げない、逃げ出さない。
戦う、逃げ出さない。

思えば出来ないことなんてない。
それは良く知ってる。

願えば叶わないことなんてない。
それも良く知ってる。

だからもっと。
もっともっと、前へと出ないといけない。
そのためにここに、傷だらけの心を埋めることにした。

独白。

誰も知らないところで、新しい芽を出せば良い。
それが自分に出来る最大の恩返しだ。
[PR]
by yijin | 2009-12-28 16:32
マビノギというゲームをやっている。

今年は初めて泣いた。
2回泣いた。

1つは罵倒され、がんばりを否定されて。
折れた心に矢が突き刺さり、初めて「痛い」と声をあげて泣いた。
誰も知らないところで泣いた。

1つはその手を掴み、人と暖かさを知って。
傷だらけの心から不安が消え、初めて「ありがとう」と声をあげて泣いた。
誰も見てないところで泣いた。

自分しか知らない、自分だけの記憶。
[PR]
by yijin | 2009-12-28 16:16
今年は単純に辛いことしか思い出せない。
どれも真剣に悩んで、全部立ち向かって行った結果のことだった。

けど罵倒され、否定され、いつしか心に広がる不安や不満を耐える力が無くなった。
逃げる場所なんてどこにも思いつかなかった。

ただ、辛かった。

全てが裏目に出る。
自分はどこへ行っても悪役なのだと思い知った年だった。

もう、がんばれなかった。

言葉を失い、気力を失い、ただ疲れ果てた。
今年はそんな一年だった。

生まれて初めて愛が欲しいと呟いた。
誰にも届かない場所で、独りポツリと呟いた。


笑うことを忘れた仮面の前で。
青白い仮面の前で。
激情する仮面の前で。

僕はいつまで踊れば良いのだろう。
いつまで踊り続ければ良いのだろう。

もうわからない。
わからないけれど、まだ踊り続けるしかない。

拍手も歓声も聞こえない薄暗いホールの中で、太鼓の音だけがただ響く。
灯火は、ゆらりゆらりと心を焦がす。
[PR]
by yijin | 2009-12-28 16:06
楽しむってなんだろう。

自分はきっと「考えるという行為から得られる快感」をそれとして感じているんだろうなぁ。
それには得るだけじゃなくて表現するっていうことが必要になってくる。
呼吸と同じで吐いた分だけ吸うし、同じ分だけまた吐く。

昔はそれをさせてくれる人が近くに居た。
散々頑固でワガママだった自分を、明るい方への道へと我慢して導いてくれた人が。

今はどうだろう。

ここではない世界の中ではそれを支えてくれる人たちが居る。
本当にありがたいかぎりだけど、今までそれに胡坐かいて寄りかかって居ただろうなぁ。
だから恩を仇で返すようなことばっかりしてきた気がする。

でもここの世界では多くの感情が溜まっている。

おかしいなぁ。
なんで考えて吐き出すたびに居心地が悪くなるんだろう。
こんな人生望んだっけかなぁ。

定かじゃないけど一つ言えることはある。
行く川の流れは絶えずして、しかも元の水に非ず。

話の中身はきっとワカルヤツ限定だ。
[PR]
by yijin | 2009-12-28 15:30